Culinary Artisans

橋本 憲一 (日本)

ミシュラン2つ星「梁山泊」代表

京都府出身。大学時代に料理屋を始めることを決意し、独学で料理を学び、1973年、一代で京都市左京区に『京料理 梁山泊』を開業。自身の食への探究をテーマとし、5冊の本を著す。日本全国で食材を探すという食への探究心、料理の技術は多くの支持を得る。評価は国際的にも高く、海外で行われた食のイベントに招聘され、京懐石を披露した経験を持つ。2005年、ブルゴー ニュワイン騎士団の一員となる。その後サントリー3代Chief—Blender輿水精一氏との対談を経てウイスキーへの造詣を深め、2012年京懐石と対応する「ウイスキー会席」を発案。2009年より7年連続でミシュラン二つ星を獲得。2014年京都大学経営管理大学院MBA取得。

Kenichi Hashimoto
Kenichi Hashimoto menu01
Kenichi Hashimoto menu02

(写真はイメージです)

Event Schedule

10月2日(金), 10月3日(土)  - 会席料理とウイスキー ディナー -

時間: 午後6時    場所: ひのきざか (45階)    料金: ¥35,000 (税金・サービス料別)
橋本シェフのユニークな試みを施した10コースの懐石ディナーメニューに、お料理に合わせて工夫を凝らしたサントリーウイスキーを合わせました

メニュー

Hinokizaka

Wineries & Distilleries

サントリーウイスキー

サントリーウイスキーの歴史は1923年、サントリー創業者の鳥井信治郎が京都郊外の山崎の地に、我が国初のウイスキー蒸溜所建設に着手した年 に始まります。
山崎で最初の蒸留液が誕生してから80有余年の年月で培った匠の技は今、世界で認められる高品質なプレミアムウイスキーを生み、海外市場で大きな賞賛を浴びるまでになりました。
今後も日本でのリーディングカンパニーとしてのゆるぎない座を確立しながらも、ジャパニーズウイスキーの更なる頂を目指して研鑽を続けていきます。

サントリーウイスキー
Suntory Whisky
宮本 博義
ウイスキーアンバサダー、サントリー
輿水 精一
ウイスキーアンバサダー、サントリー