Press Release

新総支配人就任のお知らせ

本日2018年11月20日付で、田中雄司がザ・リッツ・カールトン東京総支配人に就任しましたことをお知らせいたします。

田中は、国内外のシティホテルとリゾートホテルにおいて、30年近くラグジュアリーブランドを含むホテルのマネジメントポジションを経験してまいりました。1987年にザ ウォーターゲート ホテルにてホテリエとしてのキャリアをスタートし、アメリカ、日本のラグジュアリーホテルの宿泊部において様々なポジションを経た後、2012年、ザ・リッツ・カールトン東京でホテルマネージャーに着任しました。さらに、2013年には、ザ・リッツ・カールトン京都の開業時の総支配人を務め、ホテルのあらゆる側面を効果的かつ効率的にマネジメントし、リーダーシップを発揮しました。最近では、2016年5月にインドネシアのブルガリ リゾート・バリの総支配人に就任した実績を持ちます。


この度の就任にあたり、田中は「世界でもトップのホテル市場である東京においてリーダーの地位を築き上げてきたザ・リッツ・カールトン東京の総支配人として着任できたことを誇りに思います。2020 年のオリンピック開催都市でもある東京で、ザ・リッツ・カールトン東京の魅力を全世界に伝えられるような更なるサービスの創造 と向上を目指し、チームと共に取り組んで参ります。」と述べています。

 

田中 雄司 (たなかゆうじ)略歴

東京都生まれ。1987年にオレゴン州立大学卒業後、同年よりザ ウォーターゲート ホテル(ワシントンD.C.)でキャリアをスタートし、フォーシーズンズホテル シカゴを経て、2012 年にザ・リッツ・カールトン東京のホテルマネージャーとして入社。その後、ザ・リッツ・カールトン京都の総支配人、ブルガリ リゾート・バリの総支配人を歴任。2018年11月20日、ザ・リッツ・カールトン東京の総支配人に就任。