Restaurant & Bar

ザ・リッツ・カールトン東京 日本料理 ひのきざか
ミシュランガイド京都・大阪で5年連続3つ星獲得の『北新地 弧柳』ディナー開催

9/17(土)・18(日)の2日間にわたり開催されました本イベントは、多くのゲストに松尾慎太郎氏の会席料理の世界をじっくりとご堪能いただきました。
ご来館いただきましたゲストの皆様に、心より御礼を申し上げます。

ザ・リッツ・カールトン東京は、ザ・リッツ・カールトン東京 45階 日本料理 ひのきざか にて、
ミシュランガイド京都・大阪で5年連続3つ星を獲得した大阪の『北新地 弧柳(こりゅう)』店主 松尾 慎太郎(まつお しんたろう)氏を招聘し、
9月17日(土)・18日(日)の2日間にわたり、ディナーイベントを行います。

本ディナーイベントでは大阪の『北新地 弧柳』と同じく、松尾氏が料理のほか、コースにあわせた日本酒のセレクトも行います。松尾氏自慢の刺身盛り合わせ“魚庭(なにわ)”をはじめとした料理の数々は、東京では味わえない食材を用いた逸品揃い。是非この機会にご賞味ください。

開催日時:2016年9月17日・18日(2日間) 午後6時30分受付/午後7時ディナー

場所:ザ・リッツ・カールトン東京 日本料理 ひのきざか(45階)

料金:お一人様につきお食事コース、日本酒4種4杯込みで25,000円(税・サービス料別途)

お品書き(予定):

先付け、和え物、魚庭(造り)、煮物椀、旬菜、魚肴、猪口、肉肴、ご飯もの、デザート

松尾氏のお勧め日本酒4種(お食事と一緒にご提供):

  • “鶴齢"特別純米酒 山田錦55% 無濾過生原酒
  • “阿部勘”純米吟醸 亀の尾
  • “山廃”純米大吟醸 飛良泉
  • “鍋島”純米吟醸 三十六萬石

※上記は税金、サービス料別の料金です。

  Renoir

 

松尾 慎太郎氏よりメッセージ:

この度、ザ・リッツ・カールトン東京 日本料理 ひのきざか にてゲストの皆様に私の料理をご提供する機会を得られたこと、素晴らしいご縁だと感じております。今回味わっていただくお食事の素材は全て、私が自分の目で選びました。これらを私なりに精一杯活かし、皆様になにわの味をお楽しみいただけますのを心待ちにいたしております。

松尾 慎太郎氏プロフィール

1975年、 大阪府出身。バーテンダーをしていた父のもとで育つ。19歳から12年間、浪速割烹「喜川」で修業し、24歳で最年少板長に。独立準備期間中に、居酒屋「キッチン和」(3カ月)、「仏蘭西懐石 星家」(1年2カ月)など異ジャンルの店でも経験を積み、09年に『北新地 弧柳』をオープン。屋号の“弧柳“は、弧を描いて撓る柳のようにしっかりとした基礎と柔軟な発想の日本料理を提供するという松尾氏のポリシーから名づけられた。

『北新地 弧柳』
住所:大阪府大阪市北区堂島1-5-1 エスパス北新地23-1F
電話番号:06-6347-5560 / 定休日:日・祝 / 席:カウンターのみ 12席

 

  Koryu   

<レストラン概要>

日本料理 ひのきざかについて 

四季折々の素材の持ち味を大切にし、歴史と伝統に培われた日本料理の真髄をご堪能いただけます。店内には、会席、寿司、天麩羅、鉄板焼きの4つのエリアと、寿司、天麩羅、鉄板焼きの3つのカウンター、8席のシェフズテーブルをご用意しています。インテリアは、西洋と和の融合をテーマとし、全体を 日本の伝統家具をモチーフとしながら、細部において金属素材の格子・スクリーンを用いるなど、随所に日本の伝統とモダンの融合を感じさせる空間となっております。さらに、岐阜の由緒ある古民家を移築した「黒松庵」を含む4部屋の個室は、お祝いや特別なお席に最適です。

お問い合わせ先:

<本リリースに関する問い合わせ先>

ザ・リッツ・カールトン東京 PR事務局
電話:03-5572-6073 / FAX:03-5572-6065
E-mail:ritzcarlton_tokyo@vectorinc.co.jp
担当:山崎、安藤、秋山

ザ・リッツ・カールトン東京 セールス&マーケティング部  広報担当:小西
電話: 03-6434-8102  E-mail:sumiko.konishi@ritzcarlton.com