Restaurant & Bar

アジュール フォーティファイブ(ザ・リッツ・カールトン東京フレンチ
ダイニング)、『ミシュランガイド東京2016』にて1つ星を獲得

ザ・リッツ・カールトン東京フレンチダイニング アジュール フォーティファイブが『ミシュランガイド東京2016』にて1つ星を獲得いたしました。

ザ・リッツ・カールトン東京総支配人 ジョン・ロルフスは、
「アジュール フォーティファイブ 料理長 宮崎慎太郎、並びに同レストランのチームが力を合わせ、努力してきた結果を国際的に評価の高い賞でご評価いただいたこと、大きな誉れと感じております。
社員である紳士・淑女たちが、革新的であり、ユニークで思い出に残るダイニング・エクスペリエンスをゲストにお届けする努力を続けていくうえで、今回の受賞は大きなステップとなります。世界で最も多くのミシュランスターレストランを擁するグルメキャピタル 東京において、このような栄誉に与ったことを心から誇りに思います。」
とコメントしております。

料理長の宮崎 慎太郎(みやざき しんたろう)は東京誠心調理師専門学校を卒業後、パティシエとして洋菓子店「ラ・バンボッシュ」に3年勤め、その後フレンチに転向、西麻布「ル・ブルギ二オン」、銀座「ヴァンピックル」、麹町「オーグードゥジュール」で修行を積みました。その後渡仏し、約2年間、パリの大小名だたるフランス料理店で、シェフとしての経験を積みました。帰国後、2007年4月より、丸の内「オーグードゥジュール・ヌーヴェルエール」料理長に就任し、7年連続でミシェランの星を獲得。パティシエ出身である自身の強みを活かした繊細な盛り付けや独自の料理哲学には定評があり、また常に探究心をもって、至高の味、最高のダイニング経験を生み出すべく、日々たゆまぬ努力を重ねています。

2014年5月末より ザ・リッツ・カールトン東京 フレンチダイニング アジュールフォーティーファイブ料理長に就任し、1年半の時を経て、この度受賞の運びとなりました。

宮崎慎太郎のコメントでございます:

「入社して1年半、これまでザ・リッツ・カールトン東京のメインダイニングとしてアジュール フォーティファイブの料理長として、キッチン、そしてサービススタッフ皆とともに東京でナンバーワンのホテルレストランになるべく、全力で邁進してまいりました。この度の受賞は、共に努力を重ねてきたチーム、そして何よりも、レストランにお越しくださるゲストの皆様のご支援あってこそ得られたものと思っております。
今後とも、皆様にご満足いただけるレストランであり続けるよう更なる努力を重ねてまいります。」 

AZ詳細

Miya

お問い合わせ先:

本リリースに関する問い合わせ先

ザ・リッツ・カールトン東京 セールス&マーケティング部  PR担当:小西
電話:03-6434-8102  E-mail: sumiko.konishi@ritzcarlton.com