Other

衛生面への取り組み

OUR COMMITMENT TO CLEANLINESS

ザ・リッツ・カールトン東京の衛生面への取り組み

 

ザ・リッツ・カールトン東京では、お客様をはじめ従業員、地域社会の皆さまの快適さと安全安心を何よりも大切に考えています。実際に、安全および衛生面の確保を、ホテルをご予約いただくお客様のための「新たなアメニティ」と捉え、真摯に取り組みを行っています。

健康および安全は、常に当社が提供するホスピタリティの中心にありました。長年にわたる衛生面への取り組みが、今現在これまで以上に重要なものとなっています。 

当社は、安全および衛生を引き続き第一に考えながら、今後も思い出に残る体験をお客様に提供してまいります。そのために衛生基準を引き上げ、ホテル全体で対策を強化しています。厚生労働省が定める「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」と、マリオットが設定した衛生基準を踏まえ、お客様と従業員の健康と安全を第一に考え、下記の取り組みを実施いたします。

 

エントランスおよびロビー:

  • 全従業員の出勤時の検温を実施します。
  • チェックインされるお客様に対し、対面を避けるなど感染予防策を講じた上で、検温と本人確認を実施します。
  • 全従業員が勤務中にマスクを着用します。マスクは保健機関の指針に従って交換・廃棄します。
  • お客様用のマスクを準備しております。
  • 従業員の頻繁な手洗い、うがい、アルコール消毒を徹底します。
  • エレベーターのボタンやエスカレーターの手すりなど、人が触れる機会の多い箇所は特に入念に頻繁な清掃・消毒を行います。
  • ホテルエントランス、フロントデスク周辺、エレベーター付近に手指消毒剤の設置を行います。
  • ソーシャルディスタンスの確保をお客様に喚起するサインロビーに設置します。
  • ソーシャルディスタンスを確保するため、家具・備品等を撤去または移動します。
  • モバイルチェックインや、接触を避けるためにスマートフォンで追加サービスをリクエストできるモバイル・サービス・リクエストなどのモバイルテクノロジーを活用します。
  • 定期的に館内の換気を行います。
  • お客様から発熱や咳、咽頭痛などの症状が確認された場合、週末も含め保健所に連絡し、指導を仰ぐ体制を確立しています。

客室:

  • チェックアウト後の客室を入念に清掃します。
  • ご使用後のルームキーの消毒を行います。
  • ドアの取っ手、テーブル、ベッドサイドテーブル、家具の取っ手、照明器具のスイッチ、サーモスタット、電話機、体重計、リモコン、目覚まし時計、音楽機器、テレビ、ドアロックとのぞき穴、ごみ箱、蛇口のハンドル、トイレの水洗レバー、シャワーの持ち手を医療施設用消毒剤で消毒します。
  • 各客室に除菌スプレーをご用意します。

レストランおよびバー:

  • レストラン予約の推奨による混雑状況の管理および入店時間を分散いたします。
  • ソーシャルディスタンスを確保するため、家具・備品の配置と収容人数を変更します。
  • 多人数のグループを少人数席に分散します。
  • 座席の間隔を離すなどして、食事の際の三密対策を徹底します。
  • 個包装のおしぼりを提供します。
  • ソーシャルディスタンスを確保するための配列のサポートを行います。
  • インルームダイニングの活用をご提案しています。

会議室:

  • ライブストリーミングなどの最新テクノロジーを検討するとともに、マリオットの会議サービスアプリによるタッチレスのオプションを活用します。
  • イベント開催は各地域の指針に従い、ソーシャルディスタンスが確保できるようにテーブルレイアウトなどの運用手順を作成します。
  • 全会議室とイベントスペースで清掃手順を強化します。

フィットネス施設およびプール:

  • 各自治体の条例および保健機関の指針に従います。
  • COVID-19を含む幅広いウイルスに対処するため、清掃手順を厳格化するとともにソーシャルディスタンスを確保するためにフィットネス器具の配置を変更するなど、必要に応じた追加措置を講じます。
  • スパ、フィットネス器具の定期的な清掃と消毒を行います。
  • 人数制限や時間制限を設けるなど、三密対策を徹底いたします。
  • プールおよびスパで使用する化学薬品を適切な水準に保ち、地域機関の指針および条例に適合する量の消毒剤を常に使用します。