Press Release

『Travel + Leisure』の読者投票ランキング
「ワールド・ベスト・アワード 2019」東京のホテル部門にて第1位を獲得

ザ・リッツ・カールトン東京(港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン内、総支配人:田中 雄司)は、米国旅行雑誌『Travel + Leisure (トラベル・アンド・レジャー)』が、毎年開催する読者投票ランキング「The World's Best Awards 2019 (ワールド・ベスト・アワード 2019)」東京のホテル部門において第1位を獲得しました。また、アジアのホテル部門では第8位と日本で唯一トップ10入りを果たしました。

ザ・リッツ・カールトン東京は、超高層ビルの上層階に位置する都会のオアシスから、東京タワーや富士山を一望できる360度の大パノラマとミシュランシェフが手掛けるダイニングを提供し、東京都内屈指の高級ホテルとして日々お客様に心のこもったおもてなしと快適さを提供しています。

「ザ・リッツ・カールトン東京が、『ワールド・ベスト・アワード 2019』において、ホテル激戦区である東京という大都市の中で、第1位を獲得でき大変嬉しく思っております。当ホテルの紳士淑女は、世界中からお越しいただくお客様に最高のパーソナル・サービスと施設を提供するべく、誠心誠意努力してまいりました。その結果として、国際的に評価の高い『Travel + Leisure』の賞で東京を代表することができ誇りに思います。」
(ザ・リッツ・カールトン東京 総支配人:田中 雄司のコメント)

「『Travel + Leisure』を代表するランキング『ワールド・ベスト・アワード』は24年間の歴史を誇ります。このアワードは、世界の観光都市や一流ホテル、島、空港、航空会社などのカテゴリーがあり、毎年世界的に注目を集めるランキングです。ランキング入りした、ペルーから日本、インドやイタリア、もちろんアメリカ中のホテルや航空会社のブランドは世界的に卓越した体験を提供するブランドとして読者に認知されたことになります。世界トップの座へと努力されてきた、ホテルの皆様にお祝いを申し上げます。」(Travel + Leisure編集長:ジャッキー・ギフォード氏のコメント)

『Travel + Leisure』のランキングの詳細については、www.travelandleisure.com/worlds-best を ご覧ください。